ブックタイトル日本ドライケミカル防災システム建築編

ページ
62/68

このページは 日本ドライケミカル防災システム建築編 の電子ブックに掲載されている62ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

日本ドライケミカル防災システム建築編

自動火災報知設備建築物の多様化、高層化にともない、火災など災害の恐ろしさも倍加しています。火災によって生じる人的、物的被害を未然に防止するには、火災を素早くキャッチし、すみやかな避難開始と初期消火の態勢を確立することです。これらのニーズにおこたえするのが日本ドライケミカルの自動火災報知設備です。ビル内に設置された火災感知器や発信機からの信号が受信機に表示され、火災発生場所をいち早く確認することができます。初期の段階で、警報装置による避難のほか、防排煙設備の起動、各種消火設備の連動などが可能となります。システム構成図光電式スポット型感知器定温式スポット型感知器差動式スポット型感知器熱電対式検出器表示灯P型1級複合受信機(A3サイズ)地区ベル発信機総合盤防排煙機器諸警報機器他設備などHUMAP副受信機