ブックタイトル日本ドライケミカル防災システム建築編

ページ
63/68

このページは 日本ドライケミカル防災システム建築編 の電子ブックに掲載されている63ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

日本ドライケミカル防災システム建築編

自動火災報知設備■P型受信機見やすい地図表示を標準搭載しており、建物全体及び警戒箇所が一目瞭然に把握できます。読むより見る!地区窓式受信機地図式受信機MAPの作成はフィルムカラープリント。地図の変更、発光表示するLEDの移動も簡単に行えます。■R型受信機大規模な建物向け。総合操作盤の認定にも対応します。表示部は大きく見やすい10.4型カラー液晶でタッチパネル式。防災CRTは画面上の火災発生場所などを個々に確認できます。■光電式スポット型感知器新たなツインスペース方式を採用し、非火災報を低減します。1つの感知器の中で異なる2点(A・B)を測定することで火災信号を送信します。タバコや水蒸気のように一時的に通過する条件や、虫・ホコリなどの侵入による非火災報を大幅に低減します。■差動式分布型感知器(熱電対式熱感知器)熱電対式は、高天井・広面積の警戒に最適な商品です。温度上昇により熱電対部で発生する起電力を検出し、受信機に火災信号を送信するシステムです。