ブックタイトル日本ドライケミカル防災システムパンフ(プラント編)

ページ
14/62

このページは 日本ドライケミカル防災システムパンフ(プラント編) の電子ブックに掲載されている14ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

日本ドライケミカル防災システムパンフ(プラント編)

泡消火設備■泡消火栓泡消火栓は、火災の際容易に接近して消火作業の出来る対象物に設けられるものであります。配管から送られてきた泡水溶液を泡ノズルで吸引した空気により発泡させる方式を採用しています。固定式泡放出口を設置する危険物貯蔵タンクには、補助泡消火栓としてその防油提周りに設置します。NOTE主材質:FC200、FCD450またはSCPH2質量:55kg(FCD450の場合)主材質:SEHC、SUS304またはアルミニウム重量:格納箱のみ:55kg(SEHCの場合)格納品込み:130kg(SEHの場合)■泡ノズルFN型??? ? ????????????????????????????????????????????????????????????????NOTE発泡性能は6倍以上泡水溶液放射量及び射程は吐出圧力0.35MPaの場合を示します。主材質:アルミニウム合金(アルマイト処理)13