ブックタイトル日本ドライケミカル防災システムパンフ(プラント編)

ページ
47/62

このページは 日本ドライケミカル防災システムパンフ(プラント編) の電子ブックに掲載されている47ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

日本ドライケミカル防災システムパンフ(プラント編)

二酸化炭素消火設備発電機・変圧器・その他これらに類する電気設備が設置されている施設や通信機器室、ボイラー室・乾燥室など多量の火気を使用する施設、自動車の修理・整備工場、駐車場等を防護するのに適しています。この設備は、電気絶縁性が大きい、機器等を汚損・腐食・損傷しない、油火災に対する消火の速効性がある、消火剤の変質がなく長期間貯蔵できる等の特徴に加え、消火剤をはじめとする設備コストが他の消火設備に比べて低減できることです。そして、安全対策に関する技術基準が制定されて、より信頼性の高い消火設備となっています。■設備概要二酸化炭素消火設備を設置するには、ガス量・管径・放出部および制御機構などの要素があり、どのひとつを誤っても完全な消火効果を期待することはできません。当社は、信頼度の高い設計・施工を行っています。なお、当社の設計する設備はわが国の消防法による二酸化炭素消火設備の規定に適合すると共に、最高の技術および幾多の経験に基づいた設計・施工を行っています。消火システム構成図■特長?迅速な放出速度を有するため、消火は瞬時に行われ、火災による損害を、最小限にくいとどめることができます。?無色・無臭・純度99.5%以上で、金属および電気絶縁体などの被災物に対する汚染損傷が無く、早期に復旧することができます。?空気より比重が大きく(空気の1.529倍)、所定のガス量を放出し、隙間に侵入します。消火対象区域全般にわたり、酸素濃度を下げます。?自圧によって放出されるので、遠隔操作に適し自動操作も容易です。したがって、ポンプなどの加圧装置を必要としないので、設備コストが他の消火設備に比べて低減されます。?二酸化炭素は、気化潜熱が非常に大きいので、放出時の熱吸収による冷却作用が、消火効果を増大します。?二酸化炭素は、貯蔵中変質することが少ないので、長期間使用することができます。?二酸化炭素は、液体状態(常温常圧下で放出した時のガス化膨張率は530倍)で貯蔵されます。?二酸化炭素は、電気絶縁性(空気の1.2倍)があり、高電圧の機械運転中にも、使用可能です。?二酸化炭素は、寒冷地に於いても、使用可能です。■全域放出方式不燃材料で造った床、壁、天井(又は屋根)で仕切られた密閉構造が可能な構築物などに用いられ、密閉された区画内に所定濃度の消火剤を均等に放出し、消火する方式です。この方式は消火剤の放出前に区画内の人員を安全に退避させる放送・警報装置・消火効果を損なう換気、開口部分がある場合の自動停止・閉鎖装置、放射中の入室防止のための標識と放出表示灯の設置を必要とします。■局所放出方式防護対象物の周囲全域を防護するのに有効な隔壁・囲いがない場合の消火に用います。防護対象物に対し、消火剤を直接放射して対象物の周囲を包囲し消火する方式で、対象物の形状により「面積方式」と「容積方式」の算出基準があります。この方式は噴射ヘッドの配置に際し、対象物の包囲に死角を生じぬよう綿密な計画を必要とます。1.容積方式対象物の表面積を容易に算出することができない圧延機などの立体的な対象物に対しては、その容積を基準とします。2.面積方式主に水平な表面を持った対象物、または焼入槽のように低い平らな対象物に対しては、その面積を基準とします。■システムの作動方法設備の作動順序(標準起動方式)起動方法は自動式と手動式があります。自動起動方式は複数の火災信号を制御盤が受信した場合に起動し、手動起動方式は防護区画の出入り口付近に設けた操作箱で操作・起動します。制御装置からの電気信号で起動装置が起動し、選択弁と貯蔵容器が開放されます。貯蔵容器に液体で高圧貯蔵されていた二酸化炭素がそれ自体の蒸気圧により集合管及び配管を通して噴射ヘッドから防護区画内に放出します。46