ブックタイトル日本ドライケミカル防災システムパンフ(プラント編)

ページ
58/62

このページは 日本ドライケミカル防災システムパンフ(プラント編) の電子ブックに掲載されている58ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

日本ドライケミカル防災システムパンフ(プラント編)

集中制御システム及び制御機器プラント設備に対する防消火設備は、その重要性から拡大化の傾向にあり、分散したそれら設備の日常監視と維持管理の省力化が要求されています。本集中制御システムは、このようなニーズにお答えすべく、火災の早期発見、確認、警報発信及び消火設備起動までの一連の動作を一箇所で集中して確実に行えるものです。■システムの概要本集中制御システムは、集中監視操作盤と各消火設備又は対象物毎に設けられた火災検知器、警報装置、設備ユニット及びITV装置により構成されます。火災発生時には、その状況をCRT/LCD上に表示し、音声により周囲に告知すると同時にITVを連動させモニター画面に自動表示します。消火設備の制御は、複数の設備を起動モードの設定により、システムの自己判断で最適設備を自動起動又はITVモニター確認後、遠隔起動を併用する方式です。又、集中監視操作盤を始め全ての制御機器は自己診断回路により常に正常な状態を保持します。システム系統例57