ブックタイトル日本ドライケミカル防災システムパンフ(プラント編)

ページ
8/62

このページは 日本ドライケミカル防災システムパンフ(プラント編) の電子ブックに掲載されている8ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

日本ドライケミカル防災システムパンフ(プラント編)

泡消火設備■泡消火薬剤泡消火薬剤には、たん白系、フッ化たん白系、合成界面系及び水成膜系の薬剤があり、これらの全てについて総務省令に基づく国家規格の検定合格品を準備しています。これらの消火薬剤は、用途及び消火特性がそれぞれ異なるので、危険物の種類、適用法規、消火性、使用場所の温度環境等に適合する種別を選定することが必要です。??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? ???? ?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????・アルコエースは、アルコールのような水溶性の危険物に対し開発された耐アルコール泡消火薬剤です。優れた耐アルコール性と共に普通たん白泡消火薬剤の特性も保持しているので、石油系の火災に対しても優れた消火性能を有します。・フロロフォームは、たん白泡消火薬剤にフッ素系界面活性剤を添加してその性能を改良、強化した泡消火薬剤です。・合成界面活性剤泡は石油化学製品をベースにして作られたもので、起泡性と泡の流動展開性に優れているので高発泡用として用いられます。・サーフウォーターはフッ素系界面活性剤を基材として作られたもので、消火後の油面上に泡消火薬剤の水溶液フィルムを形成することができる”Aqueous Film-Forming Foam”(AFFF)水成膜泡消火薬剤です。■タンク固定泡放出口固定泡放出口は、主として石油など液体危険物の貯蔵タンクに設置されます。放出方式には、貯蔵タンクの側板頂部より液表面に対して泡を放出する上部泡注入法と貯蔵タンクの底部より泡を注入し、液層内を浮上させて液表面を覆う底部注入法とがあります。危険物貯蔵タンクの構造、規模及び放出方式に適したそれぞれ専用の発泡器と泡放出口を準備しています。浮屋根タンク用の放出口は、地震発生時に浮屋根が揺動しても安全な耐震構造を採用しています。???????????????????????????? ???? ???????????????? ????? ????????????????????????? ????????????????????????????????????????? ??? ????? ???????????? ??????????? ????????????????? ????? ???????? ???????????????? ????? ??????????????????? ??????????????????? ??????????????????????????????? ?????????? ??????????????????????? ???????? ????????????????????????? ??? ????? ????? ???????????????????????? ??? ????? ????? ?????????????????????? ????????????????????? ??????????????? ??? ????? ????? ???????????????? ???????????????? ???????? ????? ?????? ????????????????????? ??????????????????07