NDC日本ドライケミカル株式会社

防災豆知識


>>豆知識へ戻る

  

燃焼と消火の原理

燃焼とは、物体が酸化反応を起こすことにより、熱と光を出す現象をいいます。燃焼が起こるためには、下図の4つの要素が必要です。消火には、この燃焼の4要素の中から1つ以上の要素を取り除くことが必要です。

 

※燃焼は、可燃物の着火部分が発生する高温により、他の部分の分子が次々と熱せられて遊離し、酸素分子と結合する急激な連続する酸化現象であり、負触媒作用とは、この可燃物の分子と酵素分子との結合を遮断する作用を有するとされています。

トップページ > 防災豆知識 > 燃焼と消火の原理

  • 消火器の廃棄について
  • 消火器の取扱説明書
  • 人名と資産を守る環境に優しいIG541
  • NDC消火器アルミシリーズ
  • くらしにプラス住宅用消火器
  • 超高感度煙検知システム
  • 集合住宅マンション設備のリニューアルを行いませんか
  • 防災設備のリニューアルを行いませんか?
  • Fun to Share
  • NDC電子公告

top